ビーチリゾートオセアニアの魅力

画像参照:Joe Ross

ビーチリゾートオセアニアの魅力はなんといっても、観光地化され過ぎていないというところにあります。まるで日本にいるみたいと思うぐらいです。その国の文化に触れることができないということがない点や日本の会社の海の家がたっているということがないのです。おもいっきりビーチを楽しむことができる人がほとんどだと見受けられます。

バナナボート、シーカヤック、ジェットスキー、スキューバダイビング、ジャングル探索案内などが体験できます。ビーチリゾートオセアニアでは学校教育が英語なので、英語が通じる点でも日本人には飛び込んで行きやすい旅行先であると少なからずいえます。お年寄りには日本語を話せる方がいらっしゃいます。英語以外に現地の言葉は、日本語が語源になっていたり、日本語と同じ意味でつかわれていたりします。例をあげると日付変更線を一番で越えるツバルでは、ビールのことをツカレトレルといいます。昔、日本の兵隊さんがこの飲み物ビールを飲んでツカレトレルといったのがそのまま、その飲み物ビールの名前になったようです。他にもビーチサンダルをゾーリと呼び、調味料のお醤油をキッコーマンとメーカー名で呼んだりし、ラーメンもヌードルですが、観光客に出すラーメンと書いてあるものはイチバンです。日本の日清食品サッポロ一番がでてきます。日本人に友好的なところも旅行に行きやすい点です。主食もお米です。

珊瑚礁が広がり遠浅で波が優しい点もあげられます。車のみの移動手段になるので、免許は必ず取得してからいって、レンタカーを借りるか、必ずタクシー移動をオススメします。ビーチリゾートオセアニアは天国に一番近いと言われるぐらいとてもきれいな場所で観光客に優しいところです。ビーチリゾートならではのビーチ・ボーイズを聞きながらのビーチバレーなどはとても開放的な気分になります。オセアニアに行くときは観光地で使うお金の半分をトラベラーズチェックにする方が少なからずいらっしゃいます。トラベラーズチェックは盗難にあったさいに補償があるのでオススメです。あとはクレジットカードの支払いがほとんであると思われますので、クレジットカードプラスクレジットカード会社が提携する旅行保険にはいる方も少なからずいらっしゃいます。この地域は、環境への意識が高く、海水濾過で水をタンクに貯めたり、雨水で飲料水以外の水を使用しています。シャワー、顔洗い、水は大切にしましょう。